RSS

関西電力、インドネシアの水力発電所稼働

2019年5月27日(月) 00時39分(タイ時間)
【インドネシア】関西電力のインドネシアの合弁会社がジャカルタの南東約100キロのチタルム川流域に建設したラジャマンダラ水力発電所が今月12日に商業運転を開始した。出力4万6600キロワットで、今後30年間、PLN(インドネシアの国営電力会社)に売電する。
《newsclip》

注目ニュース

【インドネシア】中国電力(広島市)は1日、インドネシア北スマトラ州のパカット水力発電所(出力1.8万キロワット)を運営するエネルギー・サクティ・セントサ社の株式25%を取得すると発表した。中国電力が海外...

【ベトナム】東京電力ホールディングスは9日、ベトナムの水力発電事業者ラオカイ・リニューアブル・エナジーが保有する同国北部ラオカイ省のコクサン水力発電所(合計出力2.97万キロワット)に出資参画すると発表...

【ミャンマー】関西電力はミャンマーで水力発電事業に参画する。

【ラオス】タイ政府系電力会社ラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング・ホールディング(RATCH)は30日、ラオス南部のセーコン川に出力340メガワットの水力発電ダムを建設することでラオス政府と合...

ラオス南部の水力発電所稼働、タイ社が開発運営newsclip

【ラオス】タイの電力会社Bグリムパワーがラオス南部のチャンパーサック県に建設したセーナムノイ2水力発電所(出力6・7メガワット)とセーカタム1水力発電所(同13・4メガワット)が7月30日、商業運...

特集



新着PR情報