RSS

タイ国鉄コンケン―ナコンパノム線建設 全長355キロ、2025年開通目指す

2019年5月28日(火) 23時50分(タイ時間)
アーコム運輸相(写真中央)ら運輸省幹部の記者会見(2019年5月28日)の画像
アーコム運輸相(写真中央)ら運輸省幹部の記者会見(2019年5月28日)
写真提供、タイ運輸省
【タイ】タイ軍事政権は28日の閣議で、東北部コンケン県とメコン川沿いの東北部ナコンパノム県ナコンパノム市を結ぶタイ国鉄(SRT)の新路線建設を承認した。

 コンケン県バンパイ郡のSRTバンパイ駅から東に向かい、マハーサラカム県マハーサラカム市、ロイエット県ロイエット市、ヤソートン県を経て、メコン川沿いのムクダハン県ムクダハン市からメコン川沿いを北上、ナコンパノム市に至る全長355キロ、30駅で、2025年開通を目指す。建設費668億バーツ。
《newsclip》

特集