RSS

タイ下院、軍政主導で連立交渉 補選で圧勝も民主派に逆風 

2019年5月29日(水) 11時42分(タイ時間)
パランプラチャーラット党とプームジャイタイ党の幹部会談(2019年5月27日)の画像
パランプラチャーラット党とプームジャイタイ党の幹部会談(2019年5月27日)
写真提供、パランプラチャーラット党
パランプラチャーラット党とプームジャイタイ党の幹部会談(2019年5月27日)の画像
パランプラチャーラット党とプームジャイタイ党の幹部会談(2019年5月27日)
写真提供、パランプラチャーラット党
パランプラチャーラット党とプームジャイタイ党の幹部会談(2019年5月27日)の画像
パランプラチャーラット党とプームジャイタイ党の幹部会談(2019年5月27日)
写真提供、パランプラチャーラット党
パランプラチャーラット党とプームジャイタイ党の幹部会談(2019年5月27日)の画像
パランプラチャーラット党とプームジャイタイ党の幹部会談(2019年5月27日)
写真提供、パランプラチャーラット党
パランプラチャーラット党とプームジャイタイ党の幹部会談(2019年5月27日)の画像
パランプラチャーラット党とプームジャイタイ党の幹部会談(2019年5月27日)
写真提供、パランプラチャーラット党
【タイ】タイ議会下院(定数500)の補欠選挙が26日、北部チェンマイ県8区の選挙区で行われ、民主派の新党、新未来党の女性候補がプラユット軍事政権派の新党、パランプラチャーラット党の男性候補に3倍近い差で圧勝した。

 チェンマイ8区では3月24日投票の下院選でタクシン元首相派のプアタイ党の候補が最多得票したが、選挙違反で失格になっていた。プアタイ党は補選で、同じ民主派陣営の新未来党の候補を支援した。チェンマイはタクシン元首相の生まれ故郷。

 タイ選挙委員会は28日、チェンマイ補選の結果を確定するとともに、下院選の総得票数から比例代表の議席の割り振りを変更し、パランプラチャーラット党と反タクシン派の民主党がそれぞれ1議席を追加で獲得した。

 これにより、下院議席はすべて確定した。最終的な議席数はプアタイ党136、パランプラチャーラット党116、新未来党81、民主党53、2008年にタクシン派政党から分離したプームジャイタイ党51、セーリーピスット元警察長官が設立した民主派の新党セーリールワムタイ党10、スパンブリ県など中部が地盤のチャートタイパタナー党10――など。

 近く行われる首相指名選挙では、軍政が選任した非民選の議会上院(定数250、任期5年)が下院とともに投票する。上院議員はプラユット首相(元陸軍司令官)の弟のプリーチャー元国防次官ら軍・警察関係者、軍政の支持者で占められ、プラユット首相の続投はほぼ確実とみられる。

 こうした状況を受け、下院ではパランプラチャーラット党が民主党、プームジャイタイ党、チャートタイパタナー党などと閣僚ポストの配分を中心とする連立交渉を進めている。

 タイのテレビ報道によると、パランプラチャーラット党は財務、国防、内務、外務、法務、工業、エネルギーなどを押さえ、民主党に商務、農業協同組合、プームジャイタイ党に運輸、保健、観光スポーツなどのポストを割り振る方向で交渉を進めている。3党からはすでに、民主党のチュワン元首相が下院議長、パランプラチャーラット党のスチャート元副内相が下院第1副議長、プームジャイタイ党のスパチャイ元副農相が第2副議長に選出されている。

 一方、下院選で旋風を巻き起こした新未来党のタナートン党首は立候補後もメディア企業の株式を所有し選挙法に違反したとして選挙委に訴えられ、政治生命の危機に直面している。憲法裁判所は23日、選挙委の訴えを受理するとともに、同党首の下院議員資格を停止した。違反が認められた場合、タナートン党首は議席を失い公民権停止処分を受け、新未来党も解党処分を受ける可能性がある。
《newsclip》

注目ニュース

タイ下院議長にチュワン元首相、軍政派が過半数確保かnewsclip

【タイ】タイの国会が24日に開会し、26日までに、議会下院(定数500、任期4年)議長に民主党のチュワン元首相、第1副議長に軍傘下の新党パランプラチャーラット党のスチャート元副内相、第2副議長にプームジャイ...

【タイ】タイのプラユット軍事政権は今月24日、2011年以来初めての議会下院選挙を実施した。民主化を求める国内外の圧力に屈したかたちだが、事前の予想に反し、プラユット首相の続投を目指す軍政派の新党、パラ...



新着PR情報