RSS

スズキ バレーノ 、60万台をインドで販売…44か月で到達は最速

2019年6月4日(火) 14時49分(タイ時間)
スズキ・バレーノ 改良新型の画像
スズキ・バレーノ 改良新型
《photo by Suzuki》
スズキ・バレーノ 改良新型の画像
スズキ・バレーノ 改良新型
《photo by Suzuki》
スズキ・バレーノ 改良新型の画像
スズキ・バレーノ 改良新型
《photo by Suzuki》
スズキ・バレーノ 改良新型の画像
スズキ・バレーノ 改良新型
《photo by Suzuki》
スズキ・バレーノ 改良新型の画像
スズキ・バレーノ 改良新型
《photo by Suzuki》
スズキ・バレーノ 改良新型の画像
スズキ・バレーノ 改良新型
《photo by Suzuki》
スズキのインド部門、マルチスズキは6月3日、『バレーノ』(Suzuki Baleno)のインド国内累計販売が60万台に到達した、と発表した。

バレーノは2015年9月、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2015でワールドプレミアされた。インドをはじめ、欧州や日本などで販売されているグローバルコンパクトカーだ。

マルチスズキは2015年10月、バレーノをインドで発売した。新たに立ち上げられた高級販売店、「NEXA」が取り扱う。インドでは、プレミアムハッチバック車に位置付けられる。

2019年1月には、改良新型を発表した。新世代の「スマートハイブリッド」を搭載する。新世代のスマートハイブリッドは、エンジンが「デュアルジェット」と呼ばれる新型1.2リットルエンジン。これに、リチウムイオンバッテリーを組み合わせる。燃費性能は23.87km/リットルで、クラス最高という。

今回、このバレーノが、インド国内累計販売60万台を達成した。バレーノは、インドA2+セグメントにおいて、27%以上の市場シェアを獲得している。インド発売から44か月で販売台数が60万台に到達したのは、最速という。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報