RSS

バンコク都心で路線バス炎上、けが人なし

2019年6月17日(月) 13時08分(タイ時間)
【タイ】15日未明、バンコク都心ラチャプラソン交差点近くのラチャダムリ通りで、営業運転中の路線バスから火の手が上がり、全焼した。乗客、乗員は車外に逃れ無事だった。

 車内に黒煙が出たため運転手が道路脇にバスを止め、車内にいた全員が車外に避難した。その後、車体が激しく炎上した。消防が出動し、約30分後に鎮火した。

 タイでは路線バスが炎上する事故が度々発生している。事故原因に関する調査報告や対策が報じられたことはほとんどない。
《newsclip》

注目ニュース

タイ北部チェンマイで路線バス炎上 けが人なしnewsclip

【タイ】タイ北部チェンマイ県で9日、隣県のチェンライからチェンマイ県チェンマイ市に向かっていた路線バスが炎上、全焼した。乗客39人と運転手の男性(55)は車外に逃げ無事だった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、25日夜、バンコク北郊パトゥムタニ県の幹線道路の路肩に駐車した2階建てバスで火災が発生し、車両が全焼した。けが人はなかった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、25日夕方、バンコク都内の高架電車BTSバンジャーク駅近くのスクムビット通りで路線バスが炎上し、車体が全焼した。乗客、乗員は車外に逃れ無事だった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、8日朝、バンコク都内の高架電車BTSエカマイ駅前のスクムビット通り上で路線バスが炎上し、スクムビット通りの上り車線が一時全面通行止めとなった。バスの乗客、乗員は車外に...

タイ北部でバス炎上、ミャンマー人労働者20人死亡newsclip

【タイ】30日未明、タイ北部ターク県の国道12号線で、乗客、乗員49人が乗った2階建てバスが炎上し、20人が死亡、3人が重軽傷を負った。死傷者のほとんどはミャンマー人の女性とみられる。

【タイ】タイのテレビ報道によると、25日未明、バンコク都内で営業運行中のバンコク大量輸送公社(BMTA)の路線バスが爆発、炎上した。乗客、乗員にけがはなかった。



新着PR情報