RSS

英名門校、バンコクにインター校

2019年6月19日(水) 00時15分(タイ時間)
【タイ】英名門私立学校キングス・カレッジ・スクール・ウィンブルドンがバンコクでインターナショナルスクールを開校する。名称は「キングス・カレッジ・インターナショナルスクール・バンコク」。

 提携先のタイ企業が運営し、2020年9月開校の予定。2―18歳の生徒約1500人を受け入れる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのホテル会社デュシタニは22日、タイ、ベトナム、カンボジアでインターナショナルスクール向けのケータリング事業を手がけるタイ企業エピキュア・ケータリングの株式70%を約6億1300万バーツで取得す...

【タイ】タイの不動産開発会社カントリー・グループ・デベロップメント(CDG)はバンコク都内チョンノンシー地区で所有する約2.6ヘクタールの土地でインターナショナルスクールを開発運営する計画だ。

シンガポール系インター校、タイ2部上場newsclip

【タイ】タイでインターナショナルスクールを運営するシンガポール系企業SISBが29日、タイ証券取引所(SET)2部市場(MAI)に上場した。

【シンガポール】クラウド型学習システム「すらら」を展開するすららネット(東京都千代田区)は22日、シンガポールのインター校ジェムズ・ワールド・アカデミー(シンガポール)が8月から「すらら」を導入し...

英名門ラグビー校、ライセンス契約でタイにインター校newsclip

【タイ】タイのウィズダム・エンタープライズ社は英国の名門パブリックスクール、ラグビー校とライセンス契約を結び、タイでインターナショナルスクールを開校する。

【カンボジア】公益財団法人CIESF(シーセフ)はカンボジアで日本式の教育を主体に行うインターナショナルスクール「シーセフ・リーダーズ・アカデミー」を開校し、9月28日に開校式を行う。

〈タイ業界事情〉 日本語課・日本人部新設インター校 TRAILL INTERNATIONAL SCHOOLnewsclip

鈴木 孝子 氏 日本語課主任・日本人部主任(Head of Japanese)

特集



新着PR情報