RSS

大同工業、パキスタンで合弁会社設立へ 二輪車用チェーンを生産

2019年6月20日(木) 00時45分(タイ時間)
大同工業Webサイトの画像
大同工業Webサイト
大同工業は、パキスタンにおいて二輪車用チェーンの一貫生産を行う合弁会社設立に関する契約を6月18日に締結した。

同社グループは、2017年11月にパキスタンにおいて、アトラスオート社と技術援助契約を結び、同国で二輪車用チェーンの組立生産を行ってきた。今回、同社グループは、現地の二輪車メーカー各社および補修品市場に品質やコスト面でより高いサービスを提供するため、二輪車用チェーンの一貫生産を行う合弁会社をアトラスオート社と設立する。

アトラスグループは、日系二輪車メーカーおよび部品メーカーと提携しており、今回の合弁事業によって、成長が期待されるパキスタンでのビジネス拡大を加速していく。

合弁会社の名称はアトラスDIDで、所在地は同国最大の都市であるカラチ市の中心から約20kmの同市アトラス工業団地。資本金は12億パキスタンルピー(約9億4000万円)。設立は7月末の予定で、出資比率はアトラスオートが60%、大同工業が20%、大同工業のタイ子会社が20%。

今後は2021年5月に量産開始予定。2024年には売上高16億3000万パキスタンルピー(約13億円)、従業員数180名、生産能力約700万m(約500万本)を目指す。
《丹羽圭@DAYS@レスポンス》

特集



新着PR情報