RSS

JAL、8月からサーチャージ値上げ タイ片道6500円

2019年6月20日(木) 00時46分(タイ時間)
【アジア】日本航空(JAL)は燃油価格の上昇を受け、国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を8月発券分から値上げする。

 8月1日以降の燃油サーチャージ(日本発1旅客1区間片道)は▼韓国、極東ロシア1000円(現行500円)▼東アジア(韓国を除く)3500円(同2500円)▼グアム、フィリピン、パラオ、ベトナム4000円(同3000円)▼タイ、シンガポール、マレーシア6500円(同4500円)▼インドネシア、インド、スリランカ、ハワイ8500円(同6000円)▼欧州、北米、中東、オセアニア1万4000円(同1万500円)――。
《newsclip》

注目ニュース

JALとマレーシア航空、共同事業に向け覚書newsclip

【日本、マレーシア】日本航空(JAL)は27日、マレーシア航空と共同事業実施に向けた覚書を締結したと発表した。2020年までの共同事業開始を目指す。

【日本、インドネシア】日本航空(JAL)とガルーダ・インドネシア航空は5月8日からコードシェア(共同運航)を拡大し、ガルーダが運航する関空―ジャカルタ線、中部―ジャカルタ線、JALが運航する東京(羽田)―大阪...

JAL傘下の格安航空ジップエア、2020年バンコク就航目指すnewsclip

【日本、タイ、韓国】日本航空(JAL)は子会社のジップエアトーキョーを通じ、「ZIPAIR(ジップエア)」ブランドの国際線中長距離格安航空を2020年の夏期スケジュールから運航する計画だ。



新着PR情報