RSS

パーシージャルーン運河から暁の寺、王宮へ バンコクにフェリー新路線

2019年6月21日(金) 20時40分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコク都庁は17日に運航を開始したバンコクのチャオプラヤ川西岸地区、高架鉄道BTSバンワー駅近くのバンワー船着き場(パーシージャルーン運河)とチャオプラヤ川東岸のターチャーン船着き場を結ぶフェリーの運航開始式典を21日に行った。

 定員60人のフェリー6隻を使用。運航区間は約8キロ、運航時間は午前6時―午後7時で、30―60分置きに運航する。運賃は当初の6カ月間無料。

 バンワー船着き場で乗船すると、昔ながらの風景が残るパーシージャルーン運河を進み、チャオプラヤ川に出て、暁の寺(ワット・アルン)を左手に見ながら北上、王宮横のターチャーン船着き場に着く。
《newsclip》

特集