RSS

ホンダ、インドネシア生産スクーターに新型フレームeSAFを採用 軽量と高剛性を両立

2019年6月23日(日) 22時50分(タイ時間)
新型フレームeSAFの画像
新型フレームeSAF
《画像:ホンダ》
ホンダ Genio(ジェニオ)の画像
ホンダ Genio(ジェニオ)
《画像:ホンダ》
ホンダのインドネシアにおける二輪車生産・販売現地法人であるアストラ・ホンダ・モーターは6月21日、新型フレーム「eSAF」を搭載したスクーター『Genio(ジェニオ)』を発表した。

今回、コミューターのフレームを共通化することで、大量生産にも適応できるプレス成型やレーザー溶接の専用設備を導入。生産効率および加工精度を向上させ、安定した品質の新型フレームeSAFを開発し、インドネシアの流行に敏感な若者に向けたファッショナブルなスクーターモデル ジェニオへ採用した。

ジェニオは、燃費性能をより向上させた新世代の110cc環境エンジンeSPを搭載したコンパクトサイズのシティコミューターだ。モダンな印象を与えるLEDヘッドランプやスタイリッシュなテールランプなど、若者にマッチしたカジュアルなデザインを採用。シート下には14リットルの大型ラゲッジボックスを備える。新型フレームeSAFは、ハイテン材の使用や、断面形状の最適化などにより、剛性を高めながら従来の同クラスで採用されてきたフレームに対し8%以上の軽量化を実現。軽快な走りと優れた乗り心地に寄与している。

価格は1720万ルピア(約13万円)。

ホンダは、この新型フレームeSAFをアジアで展開している他モデルにも水平展開する計画だ。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

特集



新着PR情報