RSS

26日以降にジャカルタでデモの可能性 在インドネシア日本大使館が注意

2019年6月25日(火) 13時22分(タイ時間)
【インドネシア】在インドネシア日本大使館は25日、4月の大統領選挙で敗北したプラボウォ候補の支持者やイスラム団体が26日以降、集会、デモを行う可能性があるとして、注意を呼びかけた。

 プラボウォ候補の陣営は憲法裁判所に大統領選の公式集計結果に対する異議を申し立てている。大使館によると、憲法裁はこの異議申し立てに関する判断を27日午後0時30分に発表する予定で、これに合わせ、ジャカルタ市内の憲法裁判所(モナスの西側)周辺やインドネシア銀行前ロータリー周辺などで集会、デモが起きる可能性がある。

 大統領選をめぐっては、公式結果が発表された5月21日から数日間、ジャカルタなどでプラボウォ候補支持者らによるデモが発生。ジャカルタ、西カリマンタン州の州都ポンティアナック、ジャワ島東のマドゥラ島などでデモ隊と治安部隊の衝突が起き、少なくとも数人が死亡、数百人がけがをした。
《newsclip》

特集



新着PR情報