RSS

サンデン、上海汽車EV向けにカーエアコン用ヒートポンプシステムを本格展開

2019年6月25日(火) 21時36分(タイ時間)
ローウェイマーベルXの画像
ローウェイマーベルX
《画像:サンデンホールディングス》
サンデン・オートモーティブクライメイトシステム(SDAS)は、中国・上海汽車の電気自動車(EV)『ローウェイマーベルX』と『Ei5』向けに、6月よりカーエアコン用ヒートポンプシステムの市場展開を本格的に開始した。

グローバルでの環境意識の高まりと環境規制により、自動車業界は電動化へのシフトを加速させている。EVの大きな課題の1つが航続距離であり、バッテリーの大型化か省電力化という選択肢の中、低電力が特徴であるカーエアコン用ヒートポンプシステムが注目を集めている。EVはエンジンがないため、その排熱を利用できず、暖房用の熱源が不足。通常は電気ヒーターで補うが、それにより駆動用バッテリー消費が大きくなり、航続距離の低下が課題となっていた。

SDASのカーエアコン用ヒートポンプシステムは外部から熱をくみ上げ、省電力で暖房することができる。中間期(外気温5~25度)の冷暖房使用時のエネルギーの効率化を図ることで航続距離の低下を軽減。また、縦流の室外熱交換器採用により、効率と排水性が向上し、横流の室外熱交換器に比べ、冬季の航続距離の低下を軽減する。

同ヒートポンプシステムは、中国市場初となる製品として、SDASが2016年7月より開発を開始。華域三電汽車空調の石龍工場で生産・組立てを行っている。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

特集



新着PR情報