RSS

慢性赤字のバンコク都バス公社、人員大幅削減

2019年6月26日(水) 19時38分(タイ時間)
【タイ】タイ軍事政権は25日の閣議で、バンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公社(BMTA)の経営再建計画を承認した。

 2018年8月末で1万3599人、バス1台あたり5.14人だった従業員数を2022年までに2.75人に削減する。また、ハイブリッドバスや電気バス、乗車カードなどの導入を推進する。

 BMTAは運賃を低く抑える政策のため慢性赤字で、約1200億バーツの負債を抱える。
《newsclip》

特集



新着PR情報