RSS

カラートレンド予測、アジア太平洋地域は「白みがかったメタリックシルバー」…BASF 2019-2020年

2019年6月27日(木) 12時15分(タイ時間)
アジア太平洋 のキーカラー 「Fluid Metal」の画像
アジア太平洋 のキーカラー 「Fluid Metal」
《photo by BASF》
2019-2020年のカラートレンドのテーマは「ACT/9(アクト スラッシュ ナイン)」の画像
2019-2020年のカラートレンドのテーマは「ACT/9(アクト スラッシュ ナイン)」
《photo by BASF》
欧州、中東、アフリカのキーカラー 「Parolis Purple」の画像
欧州、中東、アフリカのキーカラー 「Parolis Purple」
《photo by BASF》
北米のキーカラー「Conflation Green」の画像
北米のキーカラー「Conflation Green」
《photo by BASF》
BASFは6月26日、アジア太平洋地域を含めた世界の2019~2020年の自動車カラートレンド予測を発表した。

BASFの自動車のカラートレンド予測は、EMEA(欧州・中東・アフリカ)、アジア太平洋、北米地域のコーティングス事業本部のデザインチームの密接な連携のもと、今後3~5年の間に自動車のカラートレンドに影響を及ぼすことになる社会的変化や技術的なトレンドなど広範な研究や分析を経て行われる。

2019-2020年の自動車カラートレンドのテーマは、「ACT/9(アクト・スラッシュ・ナイン)」だ。積極的な姿勢で未来を形作ることへの欲求を表している。BASFのデザイナーは、技術トレンドと社会の変化を分析し、それらを将来の自動車の色へのインスピレーションとなるコレクションへと反映させた。

今年のコレクションの多様な色彩とさまざまなレベルの彩度は、進化するデジタル化に対する積極的で柔軟な姿勢を表している。デジタル化は今や生活の一部となり、常に影響力を強めている。今後の自動車の色は、より暖かく、より親しみやすいものにする必要がある。黄色味のオフトーンや複雑なゴールド味のメタルカラーのような自動車の色として珍しい色域は、こうしたトレンドに適合しているという。

地域別では、アジア太平洋のキーカラーが、白みがかったメタリックシルバーになると予測した。アジア太平洋地域における技術に親しんだ考え方は、シルキーな無彩色メタリックのように明るく浮遊しているようなカラーや、わずかな干渉効果を持つブルーの色域に反映される。さらに将来の自動車技術は、より感情面と結びつくようになり、粗い粒子のグレーメタリックや官能的なパープルなどのダークで力強い生き生きとした表情豊かな色が現れてくる。全体的に、アジア太平洋地域の控えめで親しみやすいカラーパレットは、将来の自動車コンセプトをより現実的なものにするという。

EMEA(欧州・中東・アフリカ)では、社会的しきたりが変化しつつあるという非常に前向きな兆候があり、バイオレットメタリックのような珍しいカラーがより一般的になる可能性がある。

また、北米は、デジタルとライフスタイルのトレンドを反映し、色が変化するカラーがトレンドになると予測した。角度によって色が変化して見えるカラーは、人間と機械との相互作用、心と身体の二元性、そして意識と潜在意識との融合についての新たな理解を表すもの、としている。
《森脇稔@レスポンス》