RSS

タイでインフルエンザ流行続く

2019年6月27日(木) 12時15分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省によると、年初から6月25日に報告があったタイ国内のインフルエンザ患者は18万235人で、14人が死亡した。

 10万人あたりの患者数はバンコクが最も多く857人。次いで東部ラヨン県834人、北部チェンマイ県708人、中部ナコンパトム県572人、東北部ナコンラチャシマ県519人だった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ保健省によると、年初から6月18日までにタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は3万1843人で、48人が死亡した。患者数は前年同期の約1.6倍、死者数は...

【タイ】タイ保健省によると、年初から6月7日までにタイ国内で報告があった麻疹(はしか)患者は1801人で、このうち12人が死亡した。実際の患者数は報告を大きく上回るとみられている。

【タイ】タイ保健省は28日、南部ナコンシータマラート県在住の女児(10)が狂犬病で死亡したと発表した。

【タイ】タイ保健省によると、2018年にタイ国内で報告があったジカウイルス感染症(ジカ熱)患者は全77都県中、バンコク都、中部ノンタブリ県、パトゥムタニ県、南部スラタニ県、北部メーホンソン県など43都県の8...



新着PR情報