RSS

4割から基準値超える残留農薬 タイ消費者団体が野菜・果物調査

2019年6月27日(木) 12時15分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、Thai-PAN
 の画像
 
写真提供、Thai-PAN
【タイ】タイの消費者団体「タイランド・ペスティサイド・アラート・ネットワーク(タイPAN)」は26日、市販されていた野菜、果物の残留農薬の調査で、サンプルの約4割から国際的な基準値を超える農薬が検出されたと発表した。

 バンコク、北部チェンマイ県、東北部コンケン県など1都7県のディスカウントストア、スーパー、市場で、カイラン、カミメボウキ(ホーリーバジル)、トマト、パクチー、グアバ、ブドウ、パパイヤなど野菜15種類、果物9種類の計286サンプルの調査を行った。
《newsclip》