RSS

タイの民主化指導者、路上で暴行受け重傷

2019年6月29日(土) 00時19分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、28日午前11時ごろ、タイの民主化運動の指導者の1人でタイ人男性のシラウィット・セーリーティワット(通称ジャーニウ)さん(27)がバンコク都内の自宅近くの路上で複数の男に暴行を受け重傷を負った。

 犯人は4人とみられ、いずれもフルフェイスヘルメットを被っていた。こん棒でシラウィットさんの頭などを殴打し、ナンバープレートのないバイク2台で現場から逃走した。

 シラウィットさんは眼窩(がんか)と鼻骨を骨折する重傷を負い、病院で手当てを受けている。

 タイでは2014年の軍事政権発足以降、軍政に反対する民主派指導者が不審者に暴行を受ける事件が後を絶たない。シラウィットさんは今月2日にも、バンコク都内のバス停で複数の男に暴行を受け、けがをしていた。
《newsclip》

特集



新着PR情報