RSS

阪急阪神不動産、ジャカルタの複合施設に出資

2019年7月4日(木) 23時24分(タイ時間)
プラザインドネシアコンプレックスの画像
プラザインドネシアコンプレックス
写真提供、阪急阪神不動産
fXスディルマンの画像
fXスディルマン
写真提供、阪急阪神不動産
fXスディルマンの画像
fXスディルマン
写真、ニュースクリップ
【インドネシア】阪急阪神不動産は4日、ジャカルタ中心部の複合施設「プラザインドネシアコンプレックス」と商業施設「fxスディルマン」を所有運営する現地事業体に、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)と共同で設立した会社を通じ、出資すると発表した。

 「プラザインドネシアコンプレックス」は高級ショッピングセンター「プラザインドネシア」、高級ホテル「グランドハイアット・ジャカルタ」(客室数427)、地上49階のオフィスビル「ザ・プラザオフィス」からなる。4月に開業したインドネシア初の地下鉄(ジャカルタ都市高速鉄道MRT南北線)ブンデランH.I.駅前に立地し、在インドネシア日本大使館に隣接する。

 「fxスディルマン」は地下鉄スナヤン駅前に立地し、飲食店、小売店、映画館、JKT48劇場などが入居する。

 両施設を所有運営する事業体には阪急阪神不動産とJOINの合同会社のほか、インドネシアの不動産開発大手シナルマス・ランドの傘下企業などが出資する。出資総額は約832億円。

 阪急阪神不動産はジャカルタ郊外で、戸建て分譲住宅の開発、物流倉庫などの事業を進めている。
《newsclip》

注目ニュース

世界の渋滞都市ランキング…1位ムンバイ、7位ジャカルタ、8位バンコク トムトム調査newsclip

オランダの位置情報テクノロジー企業であるトムトム社は、2018年の世界56か国403都市における交通状況を報告する「トムトム・トラフィック・インデックス」を発表した。

【インドネシア】日本政府はジャカルタの下水道整備に309億8000万円の円借款を供与する。

【インドネシア、カンボジア】ガルーダ・インドネシア航空傘下の格安航空シティリンクは21日、ジャカルタ―プノンペン間の定期直行便の運航を開始した。

【タイ、インドネシア】アジアの格安航空大手エアアジアはタイ南部プーケットとジャカルタを結ぶ直行便を7月2日から週3往復運航する。就航記念運賃は片道1450バーツから。

【インドネシア】藤田観光(東京都文京区)はジャカルタ東部の工業団地エリア、チカラン地区で今年11月に開業する予定のサービスアパート「イソラスチカラン」の予約受付を4月15日に開始する。

ジャカルタ地下鉄が営業運転開始newsclip

【インドネシア】インドネシア初の地下鉄部分を含むジャカルタ都市高速鉄道(MRT南北線)が1日、営業運転を開始した。

【インドネシア】豊田通商は3月28日、ジャカルタ東郊のチカランでサービスアパート「AXIA(アクシア)」の第3期開発を行うと発表した。新たに開発運営会社「トヨタツウショウ・リアルエステート・チカラン」(資...

【インドネシア、日本】ガルーダ・インドネシア航空は23日、ジャカルタと名古屋(中部国際空港)を結ぶ直行便の運航を開始した。

大気汚染、東南アジア最悪はジャカルタnewsclip

【アジア】大気汚染を監視するエアビジュアルと環境保護団体グリーンピースがまとめたリポートで、2018年に大気汚染が最もひどかった首都はニューデリーだった。