RSS

東電など出資のタイEGCO、韓国で燃料電池発電事業

2019年7月4日(木) 23時25分(タイ時間)
【韓国】タイの電力会社エレクトリシティ・ジェネレーティング(EGCO)は4日、同社が49%出資する韓国の合弁会社がソウルで水素燃料電池発電所を開発運営すると発表した。

 出力19.8メガワットで、2020年第4四半期に商業運転を開始する予定。発電した電気は韓国電力公社(KEPCO)に販売する。

 EGCOにはタイ発電公社(EGAT)、東京電力の合弁会社などが出資している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】九州電力は14日、タイの大手発電会社エレクトリシティ・ジェネレーティング(EGCO)の株式約6%を間接的に取得したと発表した。

特集



新着PR情報