RSS

バンコクの新築マンション価格指数、7年で50ポイント上昇

2019年7月8日(月) 22時29分(タイ時間)
【タイ】タイ政府住宅銀行(GHB)不動産情報センター(REIC)がまとめた2019年第2四半期のバンコクの新築マンション価格指数(2012年=100)は151.9で、前年同期比9.1%上昇した。

 上昇率が最も高かったのはパヤタイ・ラチャテウィー地区で前年同期比20.2%。ついでバンスー・ドゥシット地区19.2%、スクムビット地区東側16.2%、スクムビット地区西側13.4%。
《newsclip》

注目ニュース

阪急阪神不動産 バンコクの分譲マンション13件、1万戸超にnewsclip

【タイ】阪急阪神不動産(大阪市北区)はタイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメントと共同で、バンコクのバンスー区とバンコクヤイ区で分譲マンションを開発する。

【タイ】バンコクのエカマイ通りのマンション「Cエカマイ」に自宅を構えるタイ人が、中国人向けの民泊が横行し実質的にホテルになっているとして、フェイスブックで苦情を訴えている。

バンコク・エカマイで高層マンション開発 フージャース、JR九州などnewsclip

【タイ】タイの不動産デベロッパー、オール・インスパイア・デベロップメントは4日、フージャースホールディングス(東京都千代田区)、九州旅客鉄道(JR九州)と設立する合弁会社を通じ、バンコクの高架鉄道BTS...

伊藤忠、タイCP系不動産会社と提携 バンコク都心で分譲マンションnewsclip

【タイ】伊藤忠商事は25日、資本業務提携先のタイ大手財閥CP(ジャルーン・ポーカパン)グループ傘下の不動産デベロッパー、マグノリア・クオリティー・デベロップメントと提携し、タイで不動産開発、不動産運用...

【タイ】タイ政府住宅銀行(GHB)不動産情報センター(REIC)によると、2018年にバンコク首都圏で新たに発売された住宅は前年比3.6%増の11万8271戸、金額ベースで10.3%増の5388億バーツだった。



新着PR情報