RSS

住友商事、鈴与など ベトナムの港湾大手に出資

2019年7月9日(火) 19時45分(タイ時間)
【ベトナム】住友商事は9日、ベトナムで港湾ターミナル運営事業に参画すると発表した。海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)、鈴与と共同出資で現地に設立した合弁会社を通じ、ベトナムの港湾物流大手ジェマデプトの株式10%を取得した。

 ジェマデプトはベトナムで北部ハイフォン市のナムハイ港、ナムハイディンブー港、ナムディンブー港、中部クワンガイ省のユンクワット港、南部ホーチミン市のフックロン港、南部ビンズオン省のビンズオン港、南部バリアブンタウ省で建設中のジェマリンク深海港を運営。2018年のコンテナ貨物取扱量は170万TEU(20フィートコンテナ換算)で、取扱量は全国シェアの12%を占める。物流事業では物流センター、トラック輸送、重量物運送、船舶輸送、空港貨物ターミナルなどを手がける。
《newsclip》

特集



新着PR情報