RSS

タイのパノムルン遺跡とシーテープ遺跡、世界遺産登録目指す

2019年7月12日(金) 00時59分(タイ時間)
シーテープ遺跡の画像
シーテープ遺跡
写真提供、タイ文化省
パノムルン遺跡の画像
パノムルン遺跡
写真提供、タイ文化省
【タイ】タイ文化省は9日、北部ペチャブン県のシーテープ遺跡と東北部ブリラム県のパノムルン遺跡を世界遺産暫定リストに加えると発表した。世界遺産登録を目指す。

 タイ観光庁(TAT)によると、シーテープ遺跡は13世紀以前にドヴァーラヴァディー王朝が建設したとみられる古代都市の遺跡。

 パノムルン遺跡は10―13世紀にかけ建設されたとみられるクメール遺跡。
《newsclip》


新着PR情報