RSS

三菱ふそうトラック・バス、インドネシアで「ファイター」新たな6機種

2019年7月21日(日) 18時31分(タイ時間)
【インドネシア】三菱ふそうトラック・バス(川崎市)は7月18―28日にジャカルタで開催される自動車の展示販売会「ガイキンド・インドネシア・インターナショナル・オートショー(GIIAS)」で、中型トラック「ファイター」の新たな6機種を発表した。

 中型トラックはインドネシアの商用車市場でここ数年最も急成長を遂げているセグメントの1つ。三菱ふそうトラック・バスは今回の新車種投入を機に、ホイールベースの長い「ファイター」のラインアップを増やす。

 新旧合わせて15種となる「ファイター」の全バリエーションに現地販売代理店のテレマティクス機能を標準装備した。衛星を介した車両の位置や走行・メンテナンス状況などの情報をノートパソコンやタブレット端末、スマートフォンで管理することが可能となる。

 インドネシア向けの「ファイター」は最新車種を含む全車両が川崎工場からノックダウンキットとして出荷され、東ジャカルタ市の工場で現地組み立てを行う。
《newsclip》

特集