RSS

国際数学五輪で東南アジア勢活躍 タイ5位、ベトナム7位

2019年7月23日(火) 22時10分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ教育省
 の画像
 
写真提供、タイ教育省
【東南アジア】世界の高校生らが数学の知識・能力を競う「第60回国際数学オリンピック」が11―22日、112カ国・地域の621人が参加して、英国のバースで開催された。タイ代表が5位に入るなど、東南アジア各国が活躍した。

 1位は中国と米国で、3位韓国、4位北朝鮮。タイ代表チームの男子生徒6人は金メダル3個、銀メダル3個を獲得し、2年連続の5位だった。6位はロシアで、7位にベトナム、8位にシンガポールが入った。日本代表チームは金メダル2個、銀メダル2個、銅メダル2個で13位。14位はインドネシアだった。
《newsclip》

注目ニュース

国際物理五輪 タイ代表は金1、銀3、銅1newsclip

【タイ】世界の高校生らが物理学の知識、能力を競う「第50回国際物理オリンピック」が7月6―15日、イスラエルのテルアビブで開催された。

特集



新着PR情報