RSS

日本郵船、船員向け電子通貨サービス

2019年7月26日(金) 00時25分(タイ時間)
【フィリピン】日本郵船は25日、電子通貨プラットフォーム「MarCoPay(マルコペイ)」の事業会社をフィリピンの複合企業グループ、トランスナショナル・ディバーシファイド・グループと折半出資でマニラに設立したと発表した。2020年1月にサービスを開始する予定。

 「マルコペイ」は主に外国人船員向けで、スマートフォンのアプリでQRコードを使って電子決済、国際送金、再現金化ができる。船上での給与支給や生活用品の購入をキャッシュレス化し、航海中でも自国への送金が可能になる。
《newsclip》