RSS

三菱地所、インドネシアとベトナムに現地法人

2019年8月11日(日) 23時11分(タイ時間)
【インドネシア、ベトナム】三菱地所は9日、ジャカルタとホーチミンシティに現地法人を設立し、営業を開始したと発表した。

 三菱地所はすでに、ジャカルタでオフィスビルの開発、ホーチミンシティ、ハノイで住宅開発などに乗り出している。現地法人の設立で、既存プロジェクト、新規案件への取り組みを強化する。
《newsclip》

注目ニュース

三菱地所、バンコク・プルンジット駅前で大規模オフィス開発newsclip

【タイ】三菱地所は28日、タイの不動産デベロッパー、ライモンランドと共同で、バンコク都心の大規模複合オフィスビル開発計画「ワンシティセンター」に参画すると発表した。

東急と三菱地所レジデンス、ベトナム南部で分譲マンション開発newsclip

【ベトナム】東京急行電鉄のベトナム子会社ベカメックス東急と三菱地所レジデンスはホーチミンシティ郊外のビンズオン省に設立した合弁会社「BTMJRインベストメント」を通じ、同省の省都ビンズオンニューシティで...

【マレーシア】三井物産と三菱地所、マレーシアの不動産デベロッパー、サイム・ダービー・プロパティーは顧客の要望に合わせて物流施設や工場を開発する賃貸用注文建築型物流施設・工場事業にクアラルンプール郊...

三菱地所、シンガポールで超高層ビル開発newsclip

【シンガポール】三菱地所はシンガポールの不動産大手キャピタランドと共同で、シンガポール中心部で大規模複合再開発に乗り出す。

三菱商事、三菱地所など ヤンゴン中心部で大規模不動産再開発newsclip

【ミャンマー】三菱商事と三菱地所は12日、ミャンマーの大手企業グループ、サージ・パン・アンド・アソシエーツ(SPA)グループと共同で、同国最大の都市ヤンゴンの中心部で大規模複合不動産再開発事業を行...

特集



新着PR情報