RSS

タイ王室系複合企業サイアムセメント 4―6月期9%減収、43%減益

2019年8月15日(木) 11時48分(タイ時間)
【タイ】ワチラロンコン・タイ国王が33.3%出資するタイの大手複合企業サイアムセメント(SCC)は4―6月期の売上高が前年同期比9%減の1090.9億バーツ、最終利益が43%減の70.4億バーツだった。

 米中貿易摩擦などの影響で化学事業が不調だった。また、5月に施行された改正労働保護法で、勤続20年以上の社員の解雇補償金が増額され、利益を20億バーツ押し下げた。

 主力3事業の売上高はセメントなど建材が3%増、459.3億バーツ、化学が19%減、460億バーツ、製紙どパッケージングが6%減、204億バーツだった。

 1―6月期は売上高が7%減、2214.7億バーツ、最終利益が25%減、187.1億バーツ。
《newsclip》


新着PR情報