RSS

味の素、マレーシアで新工場 93億円投資

2019年8月21日(水) 12時01分(タイ時間)
【マレーシア】味の素のマレーシアの連結子会社、マレーシア味の素はうま味調味料などを生産する新工場をヌグリスンビラン州のエンステック工業団地に建設する。

 設備投資額は約3億5500万リンギ(約93億円)で、2022年4月稼働の予定。

 マレーシア味の素は2018年度の売上高4億4800万リンギ、従業員約600人。1961年の創業以来、クアラルンプールを拠点としてきたが、将来の安定的な生産に向け、移転し、新工場を建設する。
《newsclip》

特集



新着PR情報