RSS

インドのマルチスズキ、ガソリン車の70%を新排ガス基準に先行適合…2020年春施行予定

2019年8月22日(木) 23時19分(タイ時間)

マルチスズキ、ガソリン車の70%を新排ガス基準に先行適合…2020年春施行予定

マルチスズキの新排出ガス基準「BS6」適合モデルの画像
マルチスズキの新排出ガス基準「BS6」適合モデル
《photo by Maruti Suzuki》
スズキのインド部門、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は8月20日、現在販売しているガソリンエンジン車のおよそ70%を、新たな排出ガス基準の「BS6」に先行適合させた、と発表した。

インドでは2020年4月、新たな排出ガス基準のBS6が施行される予定だ。BS6は、欧州のユーロ5に相当する新基準で、排ガス中の窒素酸化物(NOx)を、およそ25%削減することが求められる。

マルチスズキは、現在販売しているガソリンエンジン車のおよそ70%を、この新たな排出ガス基準のBS6に先行適合させた。マルチスズキによると、BS6適合車両を2020年4月のBS6施行よりも先に、量販セグメントに導入した最初の自動車メーカーになるという。

マルチスズキは2019年4月、最初のBS6適合ガソリン車、『バレーノ』を発表した。これに続いて、『アルト800』、『ワゴンR』、『スイフト』、『ディザイア』を、BS6に適合させた。近い将来、インドで発売予定の新型MPV、『XL6』もBS6に適合している。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報