RSS

7月のタイ新車販売1.1%減、自動車生産6.7%減

2019年8月23日(金) 00時19分(タイ時間)
【タイ】タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめたタイ国内の7月の新車販売台数は前年同月比1.1%減、8万1044台で、2カ月連続で前年実績を割り込んだ。自動車ローンの審査の厳格化などが影響した。

 1―7月の販売台数は前年同期比5.9%増、60万4814台だった。

 タイ国内の自動車生産台数は7月が前年同月比6.7%減、17万847台、1―7月が0.2%減、123万6792台だった。7月の生産台数の内訳は乗用車が11.7%減、6万5735台、1トンピックアップトラックが3.5%減、10万2074台など。

 7月のタイからの完成車輸出台数は8.9%減、8万2151台。完成車、部品などを含む自動車関連の輸出総額は21.5%減、603.9億バーツだった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)がまとめた2019年4―6月期のタイの実質国内総生産(GDP)は前年同期比2.3%増で、2018年10―12月期の3.6%増、2019年1―3月期の2.8%増から減速した。

【タイ】タイ投資委員会(BOI)が1―6月に受理した投資恩典の申請件数は758件(前年同期707件)、投資予定額は前年同期比17%減の2326.1億バーツだった。

【タイ】タイ中央銀行は7日の金融政策委員会(MPC)会合で、政策金利(翌日物レポ金利)を年1.75%から年1.5%に引き下げた。

【タイ】タイ経済の減速感が強まってきた。輸出の前年割れが続き、国内消費も息切れ。インバウンド観光は中国人の減少で伸び率が大きく低下している。

特集



新着PR情報