RSS

トーヨータイヤ「オープンカントリー」、アジアンラリーで5連覇達成 タイからミャンマー2200キロ

2019年8月23日(金) 12時54分(タイ時間)

トーヨータイヤ「オープンカントリー」、アジアンラリーで5連覇達成

優勝したナタポン・アングリッツァノン選手チームの画像
優勝したナタポン・アングリッツァノン選手チーム
《画像:トーヨータイヤ》
優勝したナタポン・アングリッツァノン選手チームの画像
優勝したナタポン・アングリッツァノン選手チーム
《画像:トーヨータイヤ》
FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES走行の様子の画像
FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES走行の様子
《画像:トーヨータイヤ》
ラリー初参戦の川畑選手の画像
ラリー初参戦の川畑選手
《画像:トーヨータイヤ》
トーヨータイヤは、8月10日から16日に開催された「第24回アジアクロスカントリーラリー(AXCR:アジアンラリー)2019」にて、SUV用タイヤ『オープンカントリーM/T』を供給したサポート選手が総合優勝(AUTO部門)したと発表した。

オープンカントリーM/Tは、2015年から今年まで、AXCRの単独優勝車両に5年連続で装着。過酷なチャレンジを支える本格派オフロードタイヤとして5連覇を果たした。

AXCRは、国際自動車連盟(FIA)公認のクロスカントリーラリーで、ダカール・ラリーと同格のアジア最大の国際ラリー大会。24回目を迎えた本大会では、タイのパタヤをスタートし、隣国ミャンマーの新首都ネピドーに至る約2200kmを駆け抜けた。

悪路走破性のほか、ブレーキ性能やトラクション性能、耐外傷性といった本格的なオフロード走行を可能にする高いタイヤ性能が求められる中、オープンカントリーM/T(タイヤサイズ:LT235/85 R16)を装着したナタポン・アングリッツァノン選手チームがAUTO部門で総合優勝を飾り、王座を堅守した。

また今回、哀川翔率いる「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES」チーム車両(オープンカントリーM/T装着)に特別参画した、同社契約D1ドライバー・川畑真人選手もラリー初参戦ながら見事完走を果たし、総合14位・クラス22位を獲得した。さらには、ジムニー向け新商品「オープンカントリーM/T-R」を装着したジムニーチームも、総合15位・クラス3位と健闘。オープンカントリーM/T装着車両7台(うち同社サポート車5台)が上位15位内にランクインした。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

特集



新着PR情報