RSS

バンコク・ラマ3世通りでオフィスビル開業 「MSサイアムタワー」

2019年8月26日(月) 23時27分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、CBRE Thailand
 の画像
 
写真提供、CBRE Thailand
 の画像
 
写真提供、CBRE Thailand
【タイ】タイの不動産デベロッパー、トゥンシーサイアムがバンコク都ヤナワー区のラマ3世通り沿いに約26億バーツを投じて開発したオフィスビル「MSサイアムタワー」が完成し、23日、グランドオープニングセレモニーが行われた。

 チャオプラヤ川近くに立地し、敷地面積約1万1000平方メートル、延床面積約8万平方メートル、地上38階。賃料は1平方メートルあたり月額650バーツ。

 トゥンシーサイアムはバンコクの高架鉄道BTSプルンジット駅前の「マハトゥンプラザ」、BTSスラサック駅前の「タイCCタワー」というオフィスビル2棟を所有。
《newsclip》

注目ニュース

バンコク南郊の低層オフィスビル群計画、商業施設を併設newsclip

【タイ】タイの不動産デベロッパー、ピラットブリはバンコク南郊バンナー地区で開発中の低層オフィスビルを中心とする複合施設「サマー・ラサール」に商業施設「サニー・アト・サマー・ラサール」を建設する。

【タイ】米不動産仲介大手CBREによると、バンコクのオフィスの空室率は3月末で7.5%で、昨年末の6.6%から上昇した。

三菱地所、バンコク・プルンジット駅前で大規模オフィス開発newsclip

【タイ】三菱地所は28日、タイの不動産デベロッパー、ライモンランドと共同で、バンコク都心の大規模複合オフィスビル開発計画「ワンシティセンター」に参画すると発表した。

大林組、バンコク都心にオフィスビル 300億円投資newsclip

【タイ】大林組(東京都港区)のタイのグループ会社、タイ大林(バンコク)は約300億円を投じ、バンコク都クロントイ区にオフィスビルを建設する。完成すると、大林組グループが単独所有する最大の賃貸物件となる。

特集