RSS

タイのデング熱 8カ月で7.8万人感染、81人死亡

2019年8月29日(木) 23時52分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省によると、年初から8月27日までにタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は7万7575人で、81人が死亡した。患者数は昨年同期の約1.5倍、2014年比では3倍以上。

 バンコクでも4482人が感染し、3人が死亡した。

 7月21日―8月17日に人口10万人あたりの患者数が最も多かったのは北部チェンライ県で98.2人、次いで東部ラヨン県で54.1人だった。

 デング熱はデングウイルスを持つ蚊に刺されることで感染する。タイでは例年、雨期に入る5月以降急増し、6―8月がピーク。
《newsclip》

特集



新着PR情報