RSS

タイ小売り大手セントラル、スワンナプーム空港近くでアウトレットモール開業

2019年9月2日(月) 12時45分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、Central Village
 の画像
 
写真提供、Central Village
 の画像
 
写真提供、Central Village
 の画像
 
写真提供、Central Village
【タイ】タイ小売り大手セントラルグループの不動産開発会社セントラルパタナー(CPN)がバンコク東郊のスワンナプーム国際空港近くに建設したアウトレットモール「セントラルビレッジ」が8月31日、開業した。

 延床面積4万平方メートルで、約130店が出店。投資額約50億バーツ。

 「セントラルビレッジ」をめぐっては、スワンナプーム空港を運営するタイ国営企業エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)が「必要な許認可を得ていない」などとして開業に反対し、8月22日に「セントラルビレッジ」の入り口を封鎖した。セントラルの訴えを受け、中央行政裁判所が30日、道路封鎖の解除を命令し、「セントラルビレッジ」は開業にこぎ着けた。
《newsclip》

特集



新着PR情報