RSS

バンコクの高層マンション、裁判所命令で建設一時差し止め 隣接マンション住人が訴訟 

2019年9月3日(火) 23時45分(タイ時間)
【タイ】バンコクの高架鉄道BTSスラサック駅前の高層マンション「ディプロマット・サトン」の住人グループが隣接地の高層マンション計画「ライン・サトン」の建設差し止めを求めた裁判で、タイ行政裁判所は8月29日、判決が出るまで建設を一時中止するよう命じた。  

 原告は「ライン・サトン」の環境アセスメント(EIA)が適切に行われていないと主張している。

 「ライン・サトン」の開発会社BTSセンシリ・ホールディング・ナインティーンは9月2日、EIAなど建設に必要な許可を取得済みだとして、30日以内に最高行政裁判所に建設差し止めの取り消しを求める方針を明らかにした。

 BTSセンシリ・ホールディング・ナインティーンはBTSの運営会社と不動産デベロッパー、センシリの合弁会社。同社のホームページによると、「ライン・サトン」は完売済み。2021年完成の予定で、工事進捗率は約20%。
《newsclip》


新着PR情報