RSS

スズキ、インドSUV市場でシェア1位を獲得…主力3車種が貢献

2019年9月5日(木) 01時22分(タイ時間)
スズキ・ビターラ・ブレッツァの画像
スズキ・ビターラ・ブレッツァ
《photo by Maruti Suzuki》
スズキ・エルティガ 新型の画像
スズキ・エルティガ 新型
《photo by Maruti Suzuki》
改良新型スズキ Sクロス(日本名:SX4 Sクロス)の画像
改良新型スズキ Sクロス(日本名:SX4 Sクロス)
《photo by Maruti Suzuki》
スズキのインド部門のマルチスズキ(Maruti Suzuki)は9月3日、インドSUVセグメントにおいて、販売シェアが1位になった、と発表した。

マルチスズキは2019~2020年度の最初の4か月間(4~7月)に、インドSUVセグメントにおいて、25.46%の市場シェアを獲得した。これにより、同セグメントのシェア1位に立っている。

販売増に貢献しているのが、『ビターラ ブレッツア』、『エルティガ』、『Sクロス』の3車種だ。この3車種の累計販売台数は、100万台に到達した。また、2019年8月には、新型車の『XL6』の予約受注を開始しており、マルチスズキによると、今後の成長が見込まれるという。

なお、インド国内では、ビターラ ブレッツアとエルティガが、デジタルディーラーの「アリーナ」、SクロスとXL6はプレミアムディーラーの「NEXA」で販売されている。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報