RSS

フクダ・アンド・パートナーズ、ヤンゴン郊外にオフィス併設物流施設

2019年9月12日(木) 22時26分(タイ時間)
L.L.Town Tharkayta B棟の画像
L.L.Town Tharkayta B棟
写真提供、フクダ・アンド・パートナーズ
L.L.Town Tharkayta B棟の画像
L.L.Town Tharkayta B棟
写真提供、フクダ・アンド・パートナーズ
【ミャンマー】フクダ・アンド・パートナーズ(東京都中央区)は12日、ミャンマー最大の都市ヤンゴンのタケタ地区に建設したオフィス併設物流施設「L.L.Town Tharkayta B棟」が完成し、開所式を行ったと発表した。

 延床面積4392平方メートルで、ヤンゴン初の冷凍冷蔵倉庫を併設する。

 「L.L.Town Tharkayta」はヤンゴン中心部とティラワ経済特区を結ぶ幹線道路上に立地。A、B、Cの3棟からなり、敷地面積9096平方メートル、延床面積約1万82平方メートル。2020年2月にC棟、同年9月までにA棟を稼働させ、3温度帯冷凍冷蔵庫、オフィス、店舗、教育研修センター、レンタル大会議室を備えた施設として機能を充実させる。

 フクダ・アンド・パートナーズはシンガポールのアジア拠点を閉鎖し、タケタ地区にアジアの拠点を構える。
《newsclip》

特集