RSS

洪水被災地支援を タイ俳優が呼びかけ、2日で寄付金1.3億バーツ

2019年9月17日(火) 00時57分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ運輸省
 の画像
 
写真提供、タイ運輸省
 の画像
 
写真提供、タイ運輸省
 の画像
 
写真提供、タイ運輸省
 の画像
 
写真提供、タイ運輸省
 の画像
 
写真提供、タイ運輸省
 の画像
 
写真提供、タイ運輸省
 の画像
 
写真提供、タイ天然資源環境省
 の画像
 
写真提供、タイ天然資源環境省
 の画像
 
写真提供、タイ内務省
【タイ】タイの俳優、映画監督でボランティア救急団体泰国義徳善堂メンバーのビン・バンルーリットさんがウボンラチャタニ県などタイ東北部の洪水被災地支援のための寄付を呼びかけ、2日間で1億バーツ以上が集まった。

 ビンさんは救急団体メンバーとともに被災地入りし、洪水で孤立した高齢者らの救助活動に当たった。さらに、金に困っていた被災者に対し、自腹で1人1000~2000バーツ、合計100万バーツを配った。被害が甚大で被災者が多いことから、14日、自身のフェイスブックを通じ、寄付を呼びかけたところ、16日午後7時までに1億3400万バーツが集まったという。

 一方、タイ政府は17日夜に、政府系テレビ局を通じ、洪水被災地への支援金の寄付を求める番組を放送する予定だ。プラユット首相も出演するという。

 タイ内務省によると、8月29日から9月15日までに、東北部、北部を中心に、大雨による土砂災害や洪水などで33人が死亡、32県の約42万世帯が被害を受けた。16日朝の時点で洪水が発生していたのはウボンラチャタニ県、ヤソートン県、シーサケート県など東北部の4県。また、タイ運輸省によると、16日午後1時時点で、ウボンラチャタニ県、ヤソートン県、シーサケート県と東部トラート県の計4県の15カ所で国道が浸水している。
《newsclip》

特集