RSS

バンコク・チャオプラヤ川岸の駐タイ仏大使公邸、21日に一般公開

2019年9月17日(火) 12時07分(タイ時間)
【タイ】「ヨーロッパ文化遺産の日」にあたる21日、バンコクの駐タイ・フランス大使館にあるフランス大使公邸が一般公開される。

 フランス大使公邸はチャオプラヤ川岸、名門ホテル「マンダリンオリエンタル・バンコク」近くに立地する歴史的建造物。公開時間は午前10時―午後4時で、予約不要。入館時にはパスポートなど身分証明証の提示が必要。個人で自由に見学できるほか、フランス語、タイ語、英語によるガイド付きツアーも行う。大使公邸1階では公開に合わせ、1686年にフランスを訪れたタイ使節団がルイ14世に謁見してから333年を記念する特別展示を行う。
《newsclip》

注目ニュース

新市街と旧市街結ぶ バンコク地下鉄延伸区間試乗newsclip

【タイ】バンコク首都圏の都市鉄道ブルーラインの延伸区間フワラムポーン駅―タープラ駅間で、7月29日、乗客を乗せた試運転が始まった。王宮、中華街などがある旧市街とスクムビット地区など新市街を結ぶ初の都市...

【グビナビ】 安くてうまいタイ中華食堂「新恒記(New Heng Ki Restaurant)」newsclip

「うまい食堂はないか」と情報通のタイ人に聞いたところ、薦められたのがこの店。チャオプラヤ川近くのジャルーンクルン通り沿い、古めかしいバンコク・バンラック郵便局の斜向いにある。