RSS

8月のタイ新車販売6.9%減、8.1万台 3カ月連続マイナス

2019年9月17日(火) 20時07分(タイ時間)
【タイ】タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめたタイ国内の8月の新車販売台数は前年同月比6.9%減、8万838台で、3カ月連続で前年実績を割り込んだ。FTIは自動車ローン審査の厳格化などが影響したとみている。1―8月の販売台数は前年同期比4.2%増、68万5652台だった。

 タイ国内の自動車生産台数は8月が8.2%減、16万6361台、1―8月が1.3%減、140万3153台だった。8月の生産台数の内訳は乗用車が12.4%減、6万6938台、1トンピックアップトラックが5.3%減、9万6499台など。

 8月のタイからの完成車輸出台数は20.5%減、8万1549台。完成車、部品などを含む自動車関連の輸出総額は19.2%減、651.4億バーツだった。1―8月は完成車輸出台数が4.1%減、72万3561台、自動車関連の輸出総額が8.6%減、5363.7億バーツ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中央銀行がまとめた月例経済報告で、7月の工業生産指数(MPI、速報値)は前年同月比3.2%低下した。

【タイ】タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)がまとめた2019年4―6月期のタイの実質国内総生産(GDP)は前年同期比2.3%増で、2018年10―12月期の3.6%増、2019年1―3月期の2.8%増から減速した。

【タイ】タイ中央銀行は7日の金融政策委員会(MPC)会合で、政策金利(翌日物レポ金利)を年1.75%から年1.5%に引き下げた。

【タイ】タイ中央銀行が今月5日に開催した金融政策委員会(MPC)と金融機関政策委員会(FIPC)の合同会議で、両委員会はタイの金融市場が健全な状態と判断する一方、家計債務の増加に懸念を示した。