RSS

タイBCPG、1.7億ドルでラオスの水力発電所買収

2019年9月22日(日) 21時29分(タイ時間)
【ラオス】タイ国営石油会社バンジャーク・ペトロリアム(BCP)傘下の再生可能エネルギー会社BCPGは19日、ラオス北部シエンクワーン県で水力発電所(出力69メガワット)を運営するナムサン3Aパワーソール社の全株式を1億7300万ドルで取得すると発表した。

 ナムサン3Aは2016年に商業運転を開始し、27年契約でラオス電力公社(EDL)に電力を販売している。
《newsclip》

注目ニュース

【ラオス】関西電力は6日、メコン川の支流であるラオスのナムニアップ川に建設したナムニアップ1水力発電所が5日に商業運転を開始したと発表した。

【ラオス】タイの電力会社Bグリムパワーは4日、ラオス北部サイソムブーン県に建設したナムジェー1水力発電所が1日に商業運転を開始したと発表した。

【インドネシア】関西電力のインドネシアの合弁会社がジャカルタの南東約100キロのチタルム川流域に建設したラジャマンダラ水力発電所が今月12日に商業運転を開始した。出力4万6600キロワットで、今後30年間、PLN...

ラオスのサイヤブリ発電ダム、1号機稼働newsclip

【ラオス】タイのゼネコン(総合建設会社)大手チョーガンチャン(CK)グループの発電事業会社CKパワーは3日、ラオス北部サイヤブリ県のメコン川に建設したサイヤブリ水力発電ダムの1号機(設備容量175メガワット...

【インドネシア】中国電力(広島市)は1日、インドネシア北スマトラ州のパカット水力発電所(出力1.8万キロワット)を運営するエネルギー・サクティ・セントサ社の株式25%を取得すると発表した。中国電力が海外...

特集