RSS

「ギャラ飲み」タイ人女性、急性アルコール中毒で死亡 警察が捜査

2019年9月24日(火) 12時14分(タイ時間)
パーティーが行われた住宅の画像
パーティーが行われた住宅
写真提供、タイ警察
パーティーが行われた住宅の画像
パーティーが行われた住宅
写真提供、タイ警察
パーティーが行われた住宅の画像
パーティーが行われた住宅
写真提供、タイ警察
パーティーが行われた住宅の画像
パーティーが行われた住宅
写真提供、タイ警察
【タイ】今月16日夜、バンコク都内のマンションのロビーで、イベントコンパニオンのタイ人女性ティティマー(通称ランラーベル)さん(25)が死亡しているのがみつかった事件で、タイ警察は23日、死因が急性アルコール中毒だったと発表した。

 ティティマーさんは16日正午から午後5時ごろまでバンコク郊外の住宅で開かれたパーティーに金銭を受け取り参加し、その後、現場のマンションに移動した。マンションの防犯カメラには、ロビーのソファーで意識を失った様子でぐったりとしていたティティマーさんを、パーティー参加者のタイ人男性がマンション6階の自室に引きずるようにして連れ込み、数時間後、ロビーのソファーに連れ戻す様子が写っていた。ティティマーさんはその後、現場で死亡しているのがみつかった。

 警察はこの男性がティティマーさんが死亡した経緯を知っている可能性があるとみて取り調べている。

 タイのテレビ報道によると、パーティー、食事会などに参加して金銭を受け取る「ギャラ飲み」はバンコクや北部チェンマイなどで盛んに行われている。モデルや大学生、コンパニオンなどが先輩の女性や仲介役の男性から連絡を受け、数時間で数百から数千バーツを受け取り、飲み会、パーティーなどに参加するケースが多いという。
《newsclip》

特集



新着PR情報