RSS

マプタプット工業港第3期開発、ガルフPTT合弁が事業者に

2019年9月25日(水) 12時07分(タイ時間)
【タイ】タイの電力会社ガルフ・エナジー・デベロップメントは25日、同社が70%、タイ国営石油会社PTTが30%出資する合弁会社がタイ東部ラヨン県のマプタプット工業港第3期開発の事業者に選定され、24日の閣議で承認されたと発表した。

 官民連携事業(PPP)で、近くタイ工業団地公社(IEAT)と契約を結ぶ。開発面積は約1.6平方キロで、港湾、LNG(液化天然ガス)ターミナルを開発する。
《newsclip》

特集