RSS

フィリピンの火力発電所稼働 タイEGCOが出資

2019年9月26日(木) 22時58分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、EGCO Group
【フィリピン】タイの電力会社エレクトリシティ・ジェネレーティング(EGCO)は26日、フィリピンの合弁会社が同国ルソン島ケソン州マウバンに建設したサンブエナヴェントゥラ火力発電所が商業運転を開始したと発表した。

 出力500メガワットの超々臨界圧石炭焚き火力発電所で、フィリピンの電力大手マニラ・エレクトリックに電力を供給する。

 合弁会社にはEGCOが49%。マニラ・エレクトリックの子会社が51%出資。
《newsclip》


新着PR情報