RSS

ベトナム初の水上太陽光発電、アジア開銀が3700万ドル融資

2019年10月3日(木) 11時44分(タイ時間)
【ベトナム】国際協力機構(JICA)が出資する「アジアインフラパートナーシップ信託基金(LEAP)」を活用し、アジア開発銀行(ADB)がベトナム初の水上太陽光発電事業に3700万ドルを融資する。2日、融資契約に調印した。

 ベトナム中部ビントゥアン省にあるダーミー水力発電所の貯水湖にソーラーパネル(定格容量47.5メガワット)を敷設する。ダーミー水力発電所は1990年代に円借款で建設された。
《newsclip》

特集