RSS

バンコクの高架鉄道BTS北側延伸区間、12月5日に新たに4駅運行開始

2019年10月7日(月) 22時53分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコクの都市鉄道グリーンライン(BTSスクムビット線)の北側延伸区間の4駅、パホンヨーティン24駅(N10)、ラチャヨーティン駅(N11)、セーナーニコム駅(N12)、カセサート大学駅(N13)が12月5日に開駅し、列車の乗り入れが始まる。

 グリーンラインの北側延伸区間はモーチット駅からバンコク北部のサパーンマイ駅を経由しバンコク北郊のパトゥムタニ県クーコット駅に至る全長19キロ、16駅で、全線高架。8月9日にモーチット駅(N8)の次の新駅ハーイェーク・ラープラーオ駅(N9)への乗り入れが始まった。2020年12月の全線開通を目指している。
《newsclip》

注目ニュース

新市街と旧市街結ぶ バンコク地下鉄延伸区間試乗newsclip

【タイ】バンコク首都圏の都市鉄道ブルーラインの延伸区間フワラムポーン駅―タープラ駅間で、7月29日、乗客を乗せた試運転が始まった。王宮、中華街などがある旧市街とスクムビット地区など新市街を結ぶ初の都市...

バンコク都市鉄道ブルーライン、西側延伸区間が正式開業newsclip

【タイ】バンコク首都圏の都市鉄道ブルーライン西側延伸区間フワラムポーン駅―ラクソーン駅間(全長15.9キロ、フワラムポーン駅を除く新駅11駅)が29日、正式に開業し、運賃の徴収が始まった。



新着PR情報