RSS

世銀、タイの成長率見通し下方修正 19年2.7%

2019年10月14日(月) 21時18分(タイ時間)
【タイ】世界銀行は10日に発表した東アジア・太平洋地域の経済見通しで、タイの国内総生産(GDP)成長率見通しを2019年2.7%、2020年2.9%に下方修正した。

 輸出の減少、干ばつによる農作物への被害などで景気が減速するとみている。

 7月時点では2019年3.5%、2020年3.6%と予想していた。

 タイの2018年の成長率は4.1%だった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中央銀行がまとめた月例経済報告で、8月の工業生産指数(MPI、速報値)は前年同月比4.4%低下した。

【タイ】タイ商務省がまとめた9月の消費者物価指数(CPI、2015年=100)は102.9で、前年同月比0.3%上昇した。

【タイ】タイ中央銀行は25日の金融政策委員会(MPC)会合で、タイの国内総生産(GDP)成長率見通しを2019年2.8%、2020年3.3%に引き下げた。6月時点の見通しは2019年3.3%、2020年3.7%だった。

【タイ】タイ商務省がまとめたタイの8月の輸出額は前年同月比4%減の219.1億ドル、輸入額は14.6%減の198.6億ドルだった。

【タイ】タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめたタイ国内の8月の新車販売台数は前年同月比6.9%減、8万838台で、3カ月連続で前年実績を割り込んだ。FTIは自動車ローン審査の厳格化などが影響したとみている。1―...

特集



新着PR情報