RSS

WEFの国際競争力ランキング シンガポール1位、タイ40位

2019年10月14日(月) 21時20分(タイ時間)
【アジア】スイスに本拠を置く研究機関、世界経済フォーラム(WEF)が各国・地域の競争力を評価した「国際競争力レポート」の2019年版で、タイは141カ国・地域中40位と前年から2つ順位を下げた。

 「金融システム」が16位、「市場規模」が18位だった一方、「インフラ」が71位、「人材のスキル」が73位だった。

 競争力の総合1位はシンガポール、2位米国、3位香港、4位オランダ、5位スイス、6位日本、7位ドイツ、8位スウェーデン、9位英国、10位デンマーク。

 アジア諸国・地域は12位台湾、13位韓国、27位マレーシア、28位中国、50位インドネシア、64位フィリピン、67位ベトナム、68位インド、105位バングラデシュ、106位カンボジア、113位ラオス――など。
《newsclip》

注目ニュース

WEF観光競争力ランキング 日本4位、タイ31位newsclip

【アジア】スイスに本拠を置く研究機関、世界経済フォーラム(WEF)が各国・地域の観光産業の競争力を調べた「旅行・観光競争力指数ランキング」の2019年版で、タイは140カ国・地域中31位だった。

【アジア】キリンがまとめた2018年の世界のビール生産量は前年比0.6%増の約1億9110万キロリットル(東京ドーム約154杯分)で、5年ぶりに増加した。増加分の約9割をメキシコが占めた。

国際数学五輪で東南アジア勢活躍 タイ5位、ベトナム7位newsclip

【東南アジア】世界の高校生らが数学の知識・能力を競う「第60回国際数学オリンピック」が11―22日、112カ国・地域の621人が参加して、英国のバースで開催された。タイ代表が5位に入るなど、東南アジア各国が活躍...

英社の航空会社ランキング 3位ANA、10位タイ航空、11位JALnewsclip

【アジア】航空業界専門の英調査会社スカイトラックスが乗客の満足度調査からまとめた2019年の航空会社ランキングで、カタール航空が1位(2018年2位)になった。

【アジア】スイスのビジネススクール、IMDがまとめた2019年版の世界競争力ランキングで、タイは前年から5つ順位を上げ、調査対象の63カ国・地域中25位だった。外国直接投資の増加、生産性の向上などが評価された。

特集



新着PR情報