RSS

【PR】「ここがポイント」日本人が見た建設現場 内装編その1 福孝工務店

2019年10月15日(火) 23時32分(タイ時間)
ラウンジ2階部分の画像
ラウンジ2階部分
屋外部分の排水管の補修と防水処理の画像
屋外部分の排水管の補修と防水処理
階段周辺の補修の画像
階段周辺の補修
 今回の現場はバンコク都内スクムビット通りに開店する日本人向けラウンジです。3階建てタウンハウス(スケルトン状態)の2階部分を改装、3階は一部を残して床を撤去、2階の天井を高くします。

ポイント(1):屋外の防水処理

 タイの建物でよく見かけるのが、屋外に露出された上下水道のパイプ。直射日光にさらされて劣化して亀裂が入るなどし、水漏れなどが普通に発生しています。外に漏れるだけでなく壁に染み込んで屋内に流れ込むことも珍しくなく、建物の老化を早めています。

 今回の現場でも水回り設備の劣化状況を確認し、排水管からの水漏れによる躯体コンクリートの爆裂部分を撤去してモルタルで保護する、といった防水処理を施します。ビフォーアフターで写真に残すことも欠かません。

ポイント(2):3階の床を撤去

 タウンハウスの元々の造りとして、3階の床がコンクリートでなく木造でした。長年使用されて人が歩くだけでふわふわと歪むため撤去を決定、3階はバーベキュースペースとトイレだけ残しました。2階から3階の階段は新規で設置します。

ポイント(3):よれよれの階段の造り直し

 1階から2階に上がる階段が、タイにありがちで見過ごせません。段の幅も高さもまばら、右に左にくねっています。こちらも見栄え良く造り直しです。

 工期は45日の見込みです。

FUKUTAKA KOUMUTEN (THAILAND) CO., LTD.
Head Office:
住所:33 Manutham Mansion 2nd Fl., Rm No. 4, Soi Sukhumvit 51, Sukhumvit Rd., KhlongtonNua,
     Wattana, Bangkok 10110
 電話:02-662-5551, ファクス:02-662-5900
 携帯:094-010-3059(岡野)
Branch No. 1:
 住所:85/103 Rm. No.C6 Moo 20, Tambon Bangpleeyai, Amphoe Bangplee, SamutPrakarn, 10540
 電話:02-186-8632 
Eメール:fk88th@fukutaka.com
ウェブサイト:www.fukutaka.com
《newsclip》