RSS

タイ東部高速鉄道計画、CP中心の企業グループと契約

2019年10月25日(金) 00時49分(タイ時間)
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
【タイ】タイ最大級の財閥CPグループを中心とする共同企業体とタイ国鉄(SRT)は24日、バンコク北郊のドンムアン空港、東郊のスワンナプーム空港、東部ラヨン県のウタパオ空港という3つの空港を結ぶ高速鉄道(総延長220キロ)を官民で開発する共同投資契約に調印した。

 調印式にはプラユット首相、アヌティン副首相兼保健相、アヌポン内相、サクサヤーム運輸相らが立ち会った。

 スワンナプーム空港とバンコク都内のパヤタイ駅を結ぶ既存の高架鉄道エアポートレイルリンク(総延長28キロ、最高時速160キロ)をドンムアン空港とウタパオ空港に延伸する形で、▼ドンムアン空港―エアポートレイルリンク・パヤタイ駅(総延長21キロ、最高時速160キロ)▼エアポートレイルリンク・スワンナプーム空港駅―ウタパオ空港(総延長170キロ、最高時速250キロ)――の2区間の高速鉄道を新たに建設する。駅はドンムアン空港、SRTの新たな中央駅として開発が進むバンコク北部のバンスー駅、バンコク都心アソーク通りのマカサン駅、スワンナプーム空港、東部のチャチュンサオ県チャチュンサオ市、チョンブリ県チョンブリ市、チョンブリ県シラチャー市、チョンブリ県パタヤ市、ウタパオ空港の9駅を予定している。

 鉄道開発にともない、バンコク都内のエアポートレイルリンク・マカサン駅前の土地24ヘクタールとシラチャー駅周辺の土地4ヘクタールを商業開発する。

 タイ東部の鉄道、空港、港湾などを整備し新たな産業の誘致を図るEEC(タイ東部経済回廊)構想の一環で、期間50年(開発期間5年、運営期間45年)の官民連携(PPP)事業として開発する。土地の確保を政府が担当し、民間が鉄道の建設運営、沿線開発などを行う。総事業費2245億バーツで、2023年開業の予定。ただ、タイで大規模インフラ事業が予定通り完成することはまれ。

 CPを中心とする共同企業体メンバーと戦略パートナーは、中国の中国鉄建、中国中信集団(CITIC)、華潤創業、中国中車、タイ・ゼネコン(総合建設会社)大手のイタリアンタイ・デベロップメント(ITD)とチョーガンチャン、バンコクの地下鉄、高速道路などを運営するバンコク・エクスプレスウェイ・アンド・メトロ、日本の海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)と国際協力銀行(JBIC)、独シーメンス、韓国の現代グループ、イタリアの鉄道会社フェッロヴィーエ・デッロ・スタート。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ政府は日本政府と検討してきたバンコクとタイ北部チェンマイ県チェンマイ市を結ぶ高速鉄道計画を断念したもようだ。タイの公共放送タイPBS、英字紙最大手バンコクポストなどがタイ政府筋情報として報...